アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

税金

税金を納めることで、社会をより豊かなものにすることができます。
北欧の国々などでは、かなりの額の税金を納めることが求められます。
しかし、その一方で、充実した福祉を受けることができます。税金の考え方には、福祉を重視して全体の利益を考える場合と、個人の利益を考える場合があります。
日本では、税金についての国民の意識が少々低いともいわれます。
それは、海外では、税金の使い道に対してより多くデモ活動を行ったり、納税の際に代行などを利用した節税対策を行うことがあるためです。
日本では、税金の利用についてよりも、消費税などの個人的な税の負担を感じるときに、初めて税について考えることも珍しくありません。
社会の利益を考えるにしても、個人の生活を考えるにしても、税金に対する意識を高める必要があります。

・節税
日本では、憲法により国に税金を納めることが義務付けられています。
また、企業などの営利活動を行う際も、税金を支払う必要があります。
一方で、税金を負担に感じることもあります。生活を圧迫したり、企業活動にも影響を与えます。
そのため、節税をすることが必要です。
節税の方法にもさまざまなものがあります。
基本的には、控除などを利用して、税金を支払う額を少なくします。

・逓増定期保険
企業が節税を行う方法には、控除を利用するほかに、生命保険を利用する方法もあります。
生命保険として、逓増定期保険が利用されます。
逓増定期保険は、徐々に受け取れる金額が増えていく定期保険です。
その一方で、解約時に受け取れる解約返戻金の額が短期間で高率になることも特徴です。
そのため、節税のほか退職金として逓増定期保険を利用することもあります。

関連リンク